やる気を引き出して大きな成長|スイッチの切替をしよう

やる気を引き出す

子供へのやる気スイッチには注意が必要です。

やる気スイッチと言えば、君にはどこにあるんだろうのCMソングが頭に浮かんできます。子供を持つ親としては、やる気スイッチが本当にどこかにあればいいのにと思ってしまいます。冗談でやる気スイッチを探すふりをしてみましたが、子供にばかにされる始末です。 どうしたら子供のやる気を引き出すことができるか、親にとっては悩みの種です。だからといって、やる気を起こさせるためにご褒美制にしてしまうのは子供にとってよくありません。ご褒美のために頑張るやる気はそれだけに固執し、ご褒美がなければやらないという悪循環を引き起こすかもしれません。子供は褒められるだけでも十分喜びを得ます。そしてまた新たなやる気を引き出す能力を持っているのです。

やる気を持続させる方法があります。

やる気スイッチは、本当にあったらいいなと思わせるワードかと思っていましたが、実際に脳の中にこのやる気スイッチがあることが分かったそうです。線条体という部分にやる気を引き出す機能があるそうです。この線条体を活性化させれば、やる気を持続させることができるというのです。 それは体を動かすことや力強いポーズをとるなど、一見脳の活性とあまり関係ないようなものです。しかし、体を動かすと脳がやる気が出ていると錯覚するというのです。また、ポジティブな言葉を発したり、自分をほめることもよいそうです。もちろん他人から褒められることも線条体を刺激し活性化します。 これは子供にだけでなく大人にも使えます。やる気スイッチを持続させ、日々をエンジョイさせたい方におすすめの方法です。

↑ PAGE TOP